1. ホーム > 
  2. Staff Blog > 
  3. 【オーダージャケット、オーダーパンツお仕立て例】

Staff Blog

【オーダージャケット、オーダーパンツお仕立て例】

こんにちは。

最近は、日差しが強いですね。

太陽の位置が低いので日中はとても眩しく感じます。

そして、日向と日陰の体感気温の差、、、そして、冷たいビル風、これらはもはや冬の風物詩ですね。

 

本日は、オーダージャケットとオーダーパンツのお仕立て例をご紹介致します。

img_1556

 

ライトグレーのチェックのフランネル生地にブルーグレーのフランネル生地のウォームビズスタイルです。

フランネルは、見た目にも温かみがあり良いですね。

パンツは、ご覧いただくと分かる通りお好みに合わせて裾巾を、かなり絞っており、すっきりしたシルエットになっております。

 

img_1558

こちらは、よく見ると分かるのですが、ジャケットの柄×シャツの柄×ネクタイの柄というVゾーンすべてのアイテムが柄物という難しいコーディネートです。

img_1561

さらに、シャツは、襟・カフスと袖・身頃の生地が違うクレリック仕様。そしてダブルカフス。

ラーメンのトッピングでいうと全部乗せぐらいディテール満載です!

 

ただ、それでもうるさくならないのは、色の数と柄の大きさを考えてコーディネートしているからです。

 

 

 

img_1556

まず、色の数で申しますと、ブルー系、茶系、白系、の三色で統一しているので、うるさくなりません。

スーツ等、ドレスウェアはコーディネートで使う色数を3色以内にすると、統一感が出ます。

もし、それ以上の色を加えたい場合は、基本カラーの枠を大きく広げていき、それに近い色を使うと良いと思います。

写真の場合だと、ポケットチーフを茶系という大きい枠でとらえて、それに近い黄色や、エンジ系のチーフに替えても素敵だと思います。

 

そして、もう一つ大事なのが柄の大きさです。

柄の大きさが近いものを近くに持ってきてしまうと、目がチカチカします。

ですので、こちらの写真のように大きい柄のジャケットに細かい柄のシャツを合わせて、さらにネクタイは、また違う大きさの柄を合わせて頂くと、全て柄物を使っても、メリハリのあるコーディネートをお楽しみいただけます。

 

img_1560

 

ネクタイもよく見ると、細かい千鳥格子になっております。ネイビーと黒の千鳥格子なので、柄物ですが、

シャツや、ジャケットを邪魔しません。

 

オーダージャケット、オーダーパンツのお話から柄物のコーディネートのお話に飛んでしまいましたが、ネクタイがある分、クールビズ以上にコーディネートをお楽しみいただけるのが、ウォームビズだと思います。

 

オーダージャケットやオーダーパンツは、お手持ちのジャケットやパンツともコーディネートできますのでお勧めです。

 

是非、ウォームビズのご相談もお気軽にご連絡下さいませ。

 

 

(御予約はこちらから)
http://www.tailor-kitahara.co.jp/contact/

東京のオーダースーツなら池袋より1駅のテーラーキタハラへご相談ください!

TAILOR KITAHARA│テーラーキタハラ
〒171-0052
東京都豊島区南長崎1-2-4
☎03-3950-2901
「池袋」より一駅
西武池袋線「椎名町」より徒歩7分
平日 OP11:00~19:00CL
土・祝日 OP10:00~18:00CL
※木曜定休

 |