03-3950-2901 / 営業時間 11:00 - 19:00(平日)10:00〜18:00(土・祝日) / 木曜定休
  1. ホーム > 
  2. Staff Blog > 
  3. スーツ生地の選び方

Staff Blog

スーツ生地の選び方

最近ではスパー100とかスパー120 が大変よく目立ちます。また少し前まではスパー200といったものが登場しました。この数字は何かというと、糸の細さを主に現しております。
数字があがるほど、スーツも高級になっていき当然値段もあがります。
興味がある方は下記の図を参照してください。

? 平均繊度の求め方 織物 → 経糸・緯糸の平均 ニット → 糸の平均   対象混率 Pure New Wool (Wool 100%)素材に限られます。 例外1 獣毛混 例外2 シルク混 例外3 ストライプなどの装飾目的 例外4 ポリウレタン繊維 ※ 獣毛を除く他繊維混の場合、毛45%以上に限られます。 ※ ウールマーク/ウールマークブレンド/ウールブレンドライセンスを保持している企業はそれぞれのマークとの併用が可能です。 ※ 上記以外の他繊維混の場合も毛混率は45%以上に限られますが、「Super」の表示はできず、単に「100’s」の表現のみを認めています。

————————————————————————————————————————-

簡単にいうとスーパーXがあるからといって必ずしも良いスーツになるとは限りません。スーツを着るときにも様々なシーンがあるわけで、TPOにより変更することがもっとも理想になるかと思われます。当然スーパーの数字があがるほど、生地が軽くなり、しなやかにもなりますが、それゆえにシワも簡単につくようになってしまいます。ここぞというときに役に立つスーツにむいているかもしれません。オススメは個人的にはスーパー150ぐらいまででしょうか・・・本音は120で充分ですけどね

またシワをつきにくくするにはポリエスチルが少し入っていたほうが、むしろいいわけです。ポリエスチルは化学繊維で安い生地のものが多いですが、その分着る機会が多いビジネスマンとしはシワがつきにくい良いものになります。

といったようにスーツの生地の良し悪しはこれできまるという絶対基準はないので、皆様方のライフスタイルのシーンを考えた上で判断されることが望ましいと思われます。

ブログのランキング順位に反映されます。是非ご投票宜しくお願いします!
投票 は→オーダースーツ:オーダメイドのテーラーキタハラをクリックお願いします。

(御予約はこちらから)
http://www.tailor-kitahara.co.jp/contact/

東京のオーダースーツなら池袋より1駅のテーラーキタハラへご相談ください!

TAILOR KITAHARA│テーラーキタハラ
〒171-0052
東京都豊島区南長崎1-2-4
☎03-3950-2901
「池袋」より一駅
西武池袋線「椎名町」より徒歩7分
平日 OP11:00~19:00CL
土・祝日 OP10:00~18:00CL
※木曜定休

 |