03-3950-2901 / 営業時間 11:00 - 19:00(平日)10:00〜18:00(土・祝日) / 木曜定休
  1. ホーム > 
  2. Staff Blog > 
  3. 良いスーツの定義 テーラーと技術者編

Staff Blog

良いスーツの定義 テーラーと技術者編

前々回のコラムにて 消費者の視点からの良いスーツの定義なるものを題材として挙げさせていただきました。今回はテーラー側又は縫製を行う技術者の立場から良いスーツとはなにか をコラムにしたいと思います。
まずはじめに今回ご協力いただきましたテーラー様や技術者の方に感謝致します。誠にありがとうございました。

さて大きな質問の枠では下記の通りになりました。

Q1 友人と久し振りに会う機会をつくりました。久し振りに彼の姿をみたあなたは彼に対して「良いスーツをきているじゃないか」と彼にいいました。それはどこを判断して「良いスーツ」と判断されましたか?

Ans 1
肩・袖・フロントの全体的なシルエットバランスと※こての効き具合更にはネクタイ ワイシャツとのコーディネイト位までのことで瞬時判断

※こてとはアイロンで行う処理

Ans 2
生地の色柄の良さ、仕立ての良さ、体型にフィットしている、似合っている等を瞬時に判断

Ans 3
顔・体型にスーツがあっているかどうか またトータルコーディネイトで判断

Ans 4
シルエットが美しく、トータルコーディネイトがあっているかあっていないかで判断

Q2 素材(服資材・生地 他)が良いものであったとしても、良いスーツといえますか?

Ans 1 
スーツとは素材を利用してつくられた製品です。 良い素材=良いスーツではありません。良い素材に高い技術が甘味されて良いスーツが完成する。

Ans 2
それがバランスの取れたもので、着用者のニーズと、似合っていれば良いといえると思う。

Ans 3
着こなしにもよるが、柔らかい生地で+良い仕立てが良いスーツになる。

Ans 4
生地や服資材 が良いのは良い素材だから良い。しかしその人がもとめている生活シーンとは別問題であり、その人良いスーツとは限らない。

Q3 あなたが、良いスーツを決めるときの基準はどこですか?

Ans 1
1 こてが効いている事が良いスーツの第一条件
2 身体的な条件に具合よく合致していて、着手の好みが如実表現されているスーツ
3 ファッションの流れは様々あって人の好みも多種多様ですから、一つのスタイルでなければならないという事はない

Ans 2
着用者の希望に添い、体型にフィットしていかにカッコ良くみえ、長く型崩れのしなく、色柄・風合い・雰囲気・しっかり度など総合的に判断

Ans 3
仕立てのバランス・コーディネイト

Ans 4
自分をより美しくみせられるもの・着心地の良いスーツ

以上 カスタムイシイ様・テーラーモリワキ様・他 ご協力いただきました。

今回取材しているなかで もっとも大きな共通点はコーディネイトと仕立てこの二点が良いスーツの共通点と感じた次第です。

次回は『良い仕立てとは』をもっと深く掘り下げていきたいと思います。

ブログのランキング順位に反映されます。是非ご投票宜しくお願いします!
投票 は→オーダースーツ:オーダメイドのテーラーキタハラをクリックお願いします。

(御予約はこちらから)
http://www.tailor-kitahara.co.jp/contact/

東京のオーダースーツなら池袋より1駅のテーラーキタハラへご相談ください!

TAILOR KITAHARA│テーラーキタハラ
〒171-0052
東京都豊島区南長崎1-2-4
☎03-3950-2901
「池袋」より一駅
西武池袋線「椎名町」より徒歩7分
平日 OP11:00~19:00CL
土・祝日 OP10:00~18:00CL
※木曜定休

 |